ブログネタ
楽器・機材 に参加中!
テレキャスターのコントロール回路は、オリジナルでは、
ピックアップ・セレクターが、フロント方向から順に、
・フロント・プリセット・トーン(トーンカット)
・フロント
・リア
で、1ボリューム・1トーンという構成です。

1ボリューム・1トーンは良いんですが、ピックアップ・セレクターが??ですよね(笑)。かなり美味しいフロント+リアのミックスも使えませんし...。



ちなみに兄弟モデルのエスクワイヤーの場合、
・リア・プリセット・トーン(トーンカット)
・トーンコントロールの効くリア
・トーンバイパスのリア
となっていますので、フロントポジションのプリセット・トーン(トーンカット)には、結構こだわりがあったのかも知れませんね?

今となっては使いにくい、トーンカットですが、一説には、『ギブソン対策』で。「ジャズも出来るぜ!」って所をアピールするためだとか...。



ただ、実戦的には、より直感的で、一般的なコピーモデルでも採用されている
・フロント
・フロント+リア
・リア
の方が圧倒的に使いやすいと思います。

と、言うわけで、オリジナルや、オリジナルの忠実なコピーモデル(USフェンダーのヴィンテージシリーズ等)の利用者の間では、上記回路への改造が一般的になっています。



その他、マニアックな方の間では、4PUセレクターを使った改造とか、色々有るようです。

私は、残念ながらそちら方面は明るくないのですが、テレキャスターの配線に関して詳しく解説したウェブ・サイトを見つけましたので、以下にリンクを張らせていただきます。

バナナムーン提供の配線図

静岡のリペアショップさんのウェブサイトです。色んな楽器の配線図が載っていて、分かりやすいです。

テレキャスター改造

テレキャスターで考えられるあらゆる配線を網羅したのではないかと思うほど...凄いです。