テレキャスター@研究所

テレキャスター・マニアの管理人によるテレキャスターの魅力追求ブログ。テリーにまつわる雑学や、テリー・マスターの名演動画など。

こんな人も&こんな使い方

YUIの赤いテレキャスター

正直、J-POPは余り(というか全然)詳しくないんですが、世間では赤のテレキャスターというと、マディ・ウォーターズではなくYUIちゃんの様ですね(笑)。

私は、YUIちゃんに関しては、アコギを抱えてチェリー(良い曲ですね!)を歌っている姿しか知らなかったんですが、CDのジャケットとかこんなんなんですね~。



フェンダー社も、かなりYUIちゃんを応援しているようで、使用アーティストページには結構沢山YUIちゃんのページがあります。

主なものをリンクしますと、
1.YUIちゃんの使用機材1-Squierのフロントハムとは渋い選択ですね!
2.YUIちゃんの使用機材2-ジャケットのアメスタ・テレが登場
3.I LOVED YESTERDAY発売時のインタビュー-赤いアメスタ・テレの写真満載
などなどです。

大ブレイク中のアーティストなのに、結構堅実な機材選択で「YUIちゃんって良い娘なんやろうね~」なんて思いましたが、如何でしょう?

きっと、若い娘とか、YUIちゃんに憧れてエレキギターを始めるパターンも多いでしょうし、そうなるともちろん選択するのは赤いテレキャスターでしょう。

とすると、YUIちゃんは、近年最高のテレキャス・エヴァンジェリストかも知れませんね!

ブライアン・セッツァーもテレキャスを!

ブログネタ
楽器・機材 に参加中!
ブライアン・セッツァーといえばグレッチ!

私なんか思いっきりこのイメージが出来上がっちゃってるんですが、このブログのアクセス解析を見ていると『ブライアン・セッツァー テレキャス』で来ていただいた方が何名か...。

Danny Gattonの記事の中でブライアン・セッツァーの名前が出てたからだと思うんですが、ちょっと申し訳なくなったので色々調べてみると...有りましたよ、こんな動画が!!



個人的には、物凄く違和感感じますが、ヒップショット付のテレキャスでも見事な演奏です!

しっかし、上手いですね~、ブライアン・セッツァーって。

改めて感心してしまいました(笑)。

佐野史郎さんとテレキャスター

佐野史郎さんと言うのは、あの俳優の佐野史郎さんです。

実は、佐野史郎さん、自らもバンドを結成し、作詞・作曲も手がける本格派ミュージシャンとしての姿も持っていて(多才な人ですね!)、更にBowWowのギタリスト山本恭二さんと高校の同級生だそうです。

そんな佐野史郎さんが、テレキャスを弾きながら『歪み』を解説する動画がYouTubeにアップされているのを、発見しました。



なかなか達者にギターを弾かれてますよね!それに、メチャメチャ楽しそう。きっとギターが大好きなんでしょうね!!

で、使っている歪みは、ビッグ・マフのロシア版ようですね。

私はこの動画を見て、マフ+テレキャスの相性の良さを再認識しました...マフ欲しくなっちゃったよ(笑)。

オルタナ・グランジでも大丈夫!-SonicYouthのテレ・スペシャル

ブログネタ
You Tubeおすすめ動画 に参加中!
オルタナ・グランジロックでは、どちらかというとジャズマスターやジャガーなどの「シーンが出来上がった当時、人気がなかったので安く買えた」(笑)ギターが中心です。

ただ、その中でも、テレキャスターをたま~に見かけることがあります。

個人的に、テレキャスター使いの印象が強いのが、このシーンの重鎮ソニック・ユース(SonicYouth)のリー・ラナルド(LeeRanaldo)です。


*画面左の方にいる人です。あまりカメラが回ってこなくて可愛そう...

ソニック・ユースといえば、ジャズマスターの印象が強くて、2人のギタリスト(本記事主人公のリーと、サーストン・ムーア)各々のシグネイチャー・ジャズマスターも発売されていますが、リーはテレキャスターもお気に入りのようで、ステージでも良く手にしています。

確か、10年くらい前の、ギター・マガジンのインタビューでも、フェイバリット・ギターとして、テレキャスターを挙げていたと記憶しています。

「テレキャスが好きなんだけど、激し目のバンドだから...」なんて悩んでらっしゃる方は、この動画を見て自信を持って頂ければと思います。
記事検索


人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
最新コメント