テレキャスター@研究所

テレキャスター・マニアの管理人によるテレキャスターの魅力追求ブログ。テリーにまつわる雑学や、テリー・マスターの名演動画など。

ジェフ・ベック

ストラトキャスターとテレキャスターの音色

ブログネタ
楽器・機材 に参加中!
ネット上のQ&Aサイト等では、
・ストラトキャスターとテレキャスターの音の違いは?とか、
・ストラトキャスターとテレキャスターどちらがお勧め?
などいう趣旨の質問が、割と頻繁に書き込まれています。

これに対して、何度かに分けて、私なりの意見を書いてみたいと思います。

第一弾は、ずばりストラトとテレキャスの音色についてです。



実は私、テレキャスに走る前は、ストラト一辺倒で20年近くすごしてまいりましたが、ストラトとテレキャスの魅力を各々一言で言い表すと、『ポップ』と『ストレート』だと思います。

ストラトの音は、
・ダブルカッタウェイ&思いっきりコンタードないびつなボディ形状
・シンクロナイズドトレモロによるバネ鳴り
・ピックアップの宙づり構造(ピックガードが表面板のセミアコと言う説も有り)
などが奇跡的なバランスで結合して、何とも言えない『ポップ』なサウンドになっています。

エレクトリックギターの美味しい音域だけが絶妙に取り出されていると言っても良いでしょう。

これに対して、
・シングルカッタウェイ&コンタード無しのボディ形状
・弦振動がダイレクトにボディに伝わる裏通しトレモロレス構造
・リアはブリッジ直付け・フロントはボディ直付けのピックアップ
というシンプルな構造により、『ストレート』な音色を持っています。

もちろん、シグネイチャー・トーンとも言える高域も魅力ですが、実は低音域・中音域も十分に持っていて、レスポールみたいな音にもなりますし、ストレートなジャズなんかでも対応出来るポテンシャルが有ります。
※各々、ジミー・ペイジがテリーで大暴れテレキャスターでもジャズが出来る!をご参照下さい。

この中で、歌物のポップスを典型とするポップな色彩の音楽にはストラト・カントリーやらロックンロールのようなストレートな音楽にはテレキャスターが好まれる傾向が出てきているのでしょう。


参考に弾いている時代は違いますが、ジェフ・ベックが同じ曲をストラト・テレキャスで弾いている動画を並べてみます。





この人の場合、ジェフ・ベック先生の音という印象の方が強いかも知れませんが(笑)。

Roy Buchananの『メシアが再び』

ブログネタ
You Tubeおすすめ動画 に参加中!
「世界で最高の無名なギタリスト」などという称号をもつRoy Buchanan。

彼も色々なメーカーのものを行ったり来たりしましたが、生涯テレキャスターを愛用し続けた、テリー・マスターです。

そんな彼が着目を浴びたのは、Jeff Beckが『哀しみの恋人達』で、「Roy Buchananに捧ぐ」とクレジットしたことからです。

何と、ジェフ・ベック先生も一目置いていて、RoyBuchananテイストを取り入れつつ、『哀しみの恋人達』を演奏したという訳ですね!

で、その『哀しみの恋人達』の元ネタ的な曲(メロディーラインとかは全く違いますから、パクリじゃありませんよ!)が、今回ご紹介する『メシアが再び』(the messiah will come again)です。

泣きがあって、スリリングで、実に素晴らしいですね!



ちなみにこの曲は、彼のファーストアルバムロイ・ブキャナンに収録されているほか、セカンドアルバムA Street Called Straightにも別バージョンが入っています。

JeffBeckの『哀しみの恋人達』

ブログネタ
You Tubeおすすめ動画 に参加中!
最近は、専らご自身のシグネイチャーストラトを愛用するJeffBeck先生ですが、実はテレ・マスターとしても有名なのです。

そもそもJeffBeck先生がブレイクすることになったヤードバーズ時代の愛機はエスクワイヤー(フロントピックアップ無しのテレキャスター)です。

それに、先生の代表曲である、この『哀しみの恋人達』も、テレキャスターで奏でられていますしね!

ちなみに、この『哀しみの恋人達』、レコーディングは、テレキャスターにハムバッキング・ピックアップを乗せた『テレ・ギブ』で行われました。しっかり腰がありつつシャープさも感じさせるそのサウンドは、ベック先生のプレイと相まって実に素晴らしいです。

しかししかし!以下にご紹介する、ノーマル・テレでプレイされたヴァージョンも、それに匹敵する位良い音だと思うのは私だけでしょうか?



ちなみに、この曲の、このヴァージョンが、私をテレキャスター道へ導いちゃった曲なんですね!

改めて聴き直しても、やっぱり凄いっすね!ベック先生!!

※この曲のオリジナルテイクは、先生の名作アルバムBlow by Blowに収録されています。
記事検索


人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
最新コメント