テレキャスター@研究所

テレキャスター・マニアの管理人によるテレキャスターの魅力追求ブログ。テリーにまつわる雑学や、テリー・マスターの名演動画など。

ジャズ

ストラトキャスターとテレキャスターの音色

ブログネタ
楽器・機材 に参加中!
ネット上のQ&Aサイト等では、
・ストラトキャスターとテレキャスターの音の違いは?とか、
・ストラトキャスターとテレキャスターどちらがお勧め?
などいう趣旨の質問が、割と頻繁に書き込まれています。

これに対して、何度かに分けて、私なりの意見を書いてみたいと思います。

第一弾は、ずばりストラトとテレキャスの音色についてです。



実は私、テレキャスに走る前は、ストラト一辺倒で20年近くすごしてまいりましたが、ストラトとテレキャスの魅力を各々一言で言い表すと、『ポップ』と『ストレート』だと思います。

ストラトの音は、
・ダブルカッタウェイ&思いっきりコンタードないびつなボディ形状
・シンクロナイズドトレモロによるバネ鳴り
・ピックアップの宙づり構造(ピックガードが表面板のセミアコと言う説も有り)
などが奇跡的なバランスで結合して、何とも言えない『ポップ』なサウンドになっています。

エレクトリックギターの美味しい音域だけが絶妙に取り出されていると言っても良いでしょう。

これに対して、
・シングルカッタウェイ&コンタード無しのボディ形状
・弦振動がダイレクトにボディに伝わる裏通しトレモロレス構造
・リアはブリッジ直付け・フロントはボディ直付けのピックアップ
というシンプルな構造により、『ストレート』な音色を持っています。

もちろん、シグネイチャー・トーンとも言える高域も魅力ですが、実は低音域・中音域も十分に持っていて、レスポールみたいな音にもなりますし、ストレートなジャズなんかでも対応出来るポテンシャルが有ります。
※各々、ジミー・ペイジがテリーで大暴れテレキャスターでもジャズが出来る!をご参照下さい。

この中で、歌物のポップスを典型とするポップな色彩の音楽にはストラト・カントリーやらロックンロールのようなストレートな音楽にはテレキャスターが好まれる傾向が出てきているのでしょう。


参考に弾いている時代は違いますが、ジェフ・ベックが同じ曲をストラト・テレキャスで弾いている動画を並べてみます。





この人の場合、ジェフ・ベック先生の音という印象の方が強いかも知れませんが(笑)。

コントロール回路(ピックアップ・セレクター)の改造

ブログネタ
楽器・機材 に参加中!
テレキャスターのコントロール回路は、オリジナルでは、
ピックアップ・セレクターが、フロント方向から順に、
・フロント・プリセット・トーン(トーンカット)
・フロント
・リア
で、1ボリューム・1トーンという構成です。

1ボリューム・1トーンは良いんですが、ピックアップ・セレクターが??ですよね(笑)。かなり美味しいフロント+リアのミックスも使えませんし...。



ちなみに兄弟モデルのエスクワイヤーの場合、
・リア・プリセット・トーン(トーンカット)
・トーンコントロールの効くリア
・トーンバイパスのリア
となっていますので、フロントポジションのプリセット・トーン(トーンカット)には、結構こだわりがあったのかも知れませんね?

今となっては使いにくい、トーンカットですが、一説には、『ギブソン対策』で。「ジャズも出来るぜ!」って所をアピールするためだとか...。



ただ、実戦的には、より直感的で、一般的なコピーモデルでも採用されている
・フロント
・フロント+リア
・リア
の方が圧倒的に使いやすいと思います。

と、言うわけで、オリジナルや、オリジナルの忠実なコピーモデル(USフェンダーのヴィンテージシリーズ等)の利用者の間では、上記回路への改造が一般的になっています。



その他、マニアックな方の間では、4PUセレクターを使った改造とか、色々有るようです。

私は、残念ながらそちら方面は明るくないのですが、テレキャスターの配線に関して詳しく解説したウェブ・サイトを見つけましたので、以下にリンクを張らせていただきます。

バナナムーン提供の配線図

静岡のリペアショップさんのウェブサイトです。色んな楽器の配線図が載っていて、分かりやすいです。

テレキャスター改造

テレキャスターで考えられるあらゆる配線を網羅したのではないかと思うほど...凄いです。

テレキャスターでもジャズが出来る!

ブログネタ
ロックとギタリストの独り言 に参加中!
テレキャスターと言えばロックンロール・ギターという印象が強いですけれど、実はジャズも出来ます。

実際、最近のビル・フリーゼルやマイク・スターンは、テレキャスターをメインギターにしていますし(マイク・スターンは、テレキャスもどきのシグネイチャーですが)、アイバニーズのセミアコがトレードマークになっているジョン・スコフィールドもライブでテレキャスターを弾いたりしています。

(良い)テレキャスは、上から下までキッチリ出ますから、どうしてもポップさが前に出てくるストラトよりもジャズに向いているのかも知れませんね!

上に挙げたギタリストの名前を見て、「純粋なジャズじゃないじゃん!」と思われた方、論より証拠で以下の動画を見て下さい。



Ed Bickertという人の演奏ですが、笑っちゃうくらい完璧なジャズ・トーンをテレキャスから出してるでしょ!
記事検索


人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
最新コメント