テレキャスター@研究所

テレキャスター・マニアの管理人によるテレキャスターの魅力追求ブログ。テリーにまつわる雑学や、テリー・マスターの名演動画など。

テレキャスター改造

コントロール回路(ピックアップ・セレクター)の改造

ブログネタ
楽器・機材 に参加中!
テレキャスターのコントロール回路は、オリジナルでは、
ピックアップ・セレクターが、フロント方向から順に、
・フロント・プリセット・トーン(トーンカット)
・フロント
・リア
で、1ボリューム・1トーンという構成です。

1ボリューム・1トーンは良いんですが、ピックアップ・セレクターが??ですよね(笑)。かなり美味しいフロント+リアのミックスも使えませんし...。



ちなみに兄弟モデルのエスクワイヤーの場合、
・リア・プリセット・トーン(トーンカット)
・トーンコントロールの効くリア
・トーンバイパスのリア
となっていますので、フロントポジションのプリセット・トーン(トーンカット)には、結構こだわりがあったのかも知れませんね?

今となっては使いにくい、トーンカットですが、一説には、『ギブソン対策』で。「ジャズも出来るぜ!」って所をアピールするためだとか...。



ただ、実戦的には、より直感的で、一般的なコピーモデルでも採用されている
・フロント
・フロント+リア
・リア
の方が圧倒的に使いやすいと思います。

と、言うわけで、オリジナルや、オリジナルの忠実なコピーモデル(USフェンダーのヴィンテージシリーズ等)の利用者の間では、上記回路への改造が一般的になっています。



その他、マニアックな方の間では、4PUセレクターを使った改造とか、色々有るようです。

私は、残念ながらそちら方面は明るくないのですが、テレキャスターの配線に関して詳しく解説したウェブ・サイトを見つけましたので、以下にリンクを張らせていただきます。

バナナムーン提供の配線図

静岡のリペアショップさんのウェブサイトです。色んな楽器の配線図が載っていて、分かりやすいです。

テレキャスター改造

テレキャスターで考えられるあらゆる配線を網羅したのではないかと思うほど...凄いです。

HIPSHOTのストリングベンダー

過去記事ストリングベンダーの導入で、『効果は凄いけど、導入は大変...』と書きましたが、これに比べると随分簡易な方法で、同等の効果が得られるデバイスがあります。それが、HIPSHOTのストリングベンダーです。

一時期フェンダージャパンから発売されていた、DR.Kモデル・テレキャスター(初期型)に装着されていた物で、その名の通り『お尻』(正確には腰)でレバーを操作することで、特定の弦(フツーB弦)の音程をアップする物です。


  ↑
こんな感じの器具です。

HIPSHOTのストリングベンダーは、ボディを思いっっっっきりザグらなければならないオリジナル・ストリングベンダーとは異なり、上の写真のような器具をボディにネジ止めするだけで取り付け完了です。

もちろん、弦が通るルートが変わるので、ブリッジはいじる必要が有りますが、これはオリジナルでも同じですしね。

更に、6弦をDに変更するレバー・トレモロアームのような操作で3弦を1音アップするレバーなんかが付いている機種もあるようです(下のYouTube動画や、メーカーホームページをご参照下さい)。



これくらいなら、『メインじゃないギター』(笑)になら「取り付けてみても良いかな?」って気がしませんか?

もちろん、見た目(使っている姿)のインパクトなどは、オリジナル・ストリングベンダーの方が有ると思いますが...。

ストリングベンダーの導入

以前の記事で、ボディーのコンタード加工が、「最も強力なテレキャスの改造かも?」と書きましたが、同様に『剛の者』しか出来ない改造を忘れてました。

それが、今回ご紹介するストリングベンダーの導入です。

ストリングベンダーというのは、元バーズのジーン・パーソンズとクラレンス・ホワイトが開発した物で、エレキギターでペダルスティールギターの様な音を出せる装置です。

ストラップピンに連動する装置を埋め込んで、ストラップで肩にかけたギターを押し下げる事で装置が作動し、2弦の音程がアップするというものです。

文章で説明しても、分かりにくいと思いますので、物凄く分かりやすくストリングベンダーのことを解説したYouTube動画を載せておきますね。



この装置、なかなか強力で、後期バーズでのクラレンス・ホワイトプレイなんか聴いていると、欲しくてしょうがなくなっちゃうんですが、上の動画の1分20秒あたりの所を見ていただければ分かるとおり、ボディにガッツり穴を空けなければなりません。

流石に、メインギターにこの改造を施そうとは...思えないでしょ(笑)。

と、言うわけで、どうしてもこれを使ってみたい方は、最初からこの装置の導入されたAmericanNashvilleB-BenderTeleの購入を強くお勧めします。

ちなみに、私も是非とも一本と思っている所ではあるんですが...流石に楽器屋で置いてるところ見たこと無いですね~(笑)。

追記

もう少し導入が簡単な、HIPSHOTストリングベンダーの記事もご参照下さい。

ギターのチューニングとテレキャス

ブログネタ
ロックとギタリストの独り言 に参加中!
ギターのチューニングというのは、難しいものというか、理論的にはバッチリ合うことが無いものです。

弦の太さ、解放弦とフレット押弦の際のテンションの差、各弦の弦長の差などいろいろ有りますからね。

この点を解消するために、バズ・フェイトン・チューニング・システムや、富士弦のサークル・フレッティッド・システムがあったりするわけですが、究極的に言うと、いずれも「心地よい範囲内での近似を求める作業」と言えるでしょう。

この中で、テレキャスターのブリッジは、3ウェイでなので、チューニングの追求は、(ストラト等と比較して)不利になります。

これに対してどう折り合いを付けるかですが、メジャーなのが、
1.バズ・フェイトン・システム等の導入(逆説的でおもしろいかも...)
2.6ウェイ・ブリッジへの交換
3.あくまでも3ウェイ・ブリッジにこだわった改造
4.良く弾くポジションを優先して合わせる
5.弾きながら微調整する(プロの技ですね...)
5.気にしない(笑)
という感じでしょうか?

私の場合、ブリッジ調整が不可能なアコースティックも弾くので、4.派で行っていますが、改造レベル3.で1.が可能で有れば、一度やってみたいな~なんて思っています。

ちなみに、ちょっとした裏技ですが、3ウェイでのチューニングで一番しわ寄せが来るのが、3弦なので、ここを少し緩和するために、いわゆるヘヴィー・ボトム・ゲージを張るというのが有ります。

フレットの状態とかがフツーのギターの場合、
・6ウェイなら4弦の駒が3弦より前(ヘッド側)に出てくる。
・とすると、3ウェイの状態では、4弦に対して3弦の駒が前に有りすぎる。
・ここでゲージを上げると、駒は後ろに下がる傾向がある
という所から導き出さた方法です。

まさに「近似」な話ですが、ヘヴィ・ボトムに対する違和感を感じない方は、試してみるのも良いかもですね!

センターピックアップの増設

ブログネタ
楽器・機材 に参加中!
テレキャスターの改造の中で、気持ちは分かるけど素人にはちょっと...というのが、センターピックアップの増設でしょう。

これを行えば、いわゆるハーフトーンも出せますので、トーンバリエーションが大きく広がることになります。

そのため、色んな音が要求されるプロの間では、この改造は結構メジャーで(例を挙げれば、CornelDupreeとか、AmousGarretとか...)、最初からセンターピックアップが増設されているモデルも有りますね。
*少し前にフェンダージャパンから出ていた、Dr.K(徳武弘文)モデル等。

たまたま見つけたので、3ピックアップのテレキャスを使っているGO!GO!7188のYouTube動画載せてみますね(笑)。



ただ、3ピックアップだからと言って、ストラトサウンドにはなりません。もちろん、ハーフトーンは、ストラトのシグネイチャー・サウンドなので、雰囲気は出ますが...。

私も、友人が作ったコンポ物を借りてひいたりしたことがありますが、やっぱりボディの形状やらブリッジやらの影響で、ストラトのようなポップ感は出ないんですね。それはそれで魅力的な音なんですが...。

又、ボディに穴を掘るわけですから、当然お金もかかりますし、サウンドも変わる可能性があります(ピックアップキャビティ加工だけで1万円程度は係りますし、ピックアップも要りますしね)。

その辺りを考えると、最初から増設されているギター若しくは、ストラトを買っちゃった方が良いのでは?なんて思ったりもします。


記事検索


人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
最新コメント