テレキャスター@研究所

テレキャスター・マニアの管理人によるテレキャスターの魅力追求ブログ。テリーにまつわる雑学や、テリー・マスターの名演動画など。

ファズ

ジミー・ペイジがテリーで大暴れ~Dazed and Confused

ブログネタ
You Tubeおすすめ動画 に参加中!
ジミー・ペイジと言えば、レス・ポールのイメージが強いですが、実はとってもテレキャス好きでも知られています。

そもそもレスポールを使い出したのも、「音がテレキャスに似ていてノイズも少ない。」という理由だそうですし、ツェッペリンの1st収録後からレス・ポールメインに切り替えながらも、4thの名曲『天国への階段』のギターソロで再びテレキャスターを使用しています。

また、70年代後半からは、ストリング・ベンダー付のテレキャスを使用しだして、これもお気に入りなのか色んな所で見かけました(管理人がストリング・ベンダーを知ったのは、これがきっかけです)。

そんなジミー・ペイジ先生が、テレキャスターを弾きまくっているのが、今回ご紹介するYouTube動画です。



初期ツェッペリンのライブ動画ですね。

真ん中辺りでは、お約束のバイオリンの弓弾きも有りますが、フツーに弾いているところの方が楽しいです(笑)。ジミー先生のギターは、ドライブ感たっぷりで、かなりかっこいいと思いませんか?

こういうのを見ると、ファズ+テレキャスの可能性を追求したくなりますね~、ミーハーチックですが(笑)。

佐野史郎さんとテレキャスター

佐野史郎さんと言うのは、あの俳優の佐野史郎さんです。

実は、佐野史郎さん、自らもバンドを結成し、作詞・作曲も手がける本格派ミュージシャンとしての姿も持っていて(多才な人ですね!)、更にBowWowのギタリスト山本恭二さんと高校の同級生だそうです。

そんな佐野史郎さんが、テレキャスを弾きながら『歪み』を解説する動画がYouTubeにアップされているのを、発見しました。



なかなか達者にギターを弾かれてますよね!それに、メチャメチャ楽しそう。きっとギターが大好きなんでしょうね!!

で、使っている歪みは、ビッグ・マフのロシア版ようですね。

私はこの動画を見て、マフ+テレキャスの相性の良さを再認識しました...マフ欲しくなっちゃったよ(笑)。
記事検索


人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
最新コメント